増加傾向にある離婚

003650_li.jpg現在、日本では年間約25〜27万組が離婚しています。3組に1組の割合です。その離婚する夫婦の中には当然、小さな子供がいる夫婦がいます。

離婚は夫婦の問題ではありますが、離婚に至れば子供もどちらかの親と離れて暮らすことを強いられるので子供にも様々な影響を与えます。

そのような影響を出来るだけ少なくするために夫婦は上手に子供のことを考えた離婚をする必要があります。

▲このページのトップに戻る