よく聞く「内容証明」って?

003094_li.jpg「内相証明が届いた!」「内容証明を送りつける!」など聞いたことがあるかと思います。

法律系のテレビドラマではよく出てきます。

では、その「内容証明」って何でしょう。

内容証明郵便で相手方に重要事項の通知、権利義務の主張をするのですが、普通の手紙と違い、「内容」と「出した日」が郵便局によって証明されます。(配達記録を使った場合は配達日も)その為、日付が重要なクーリングオフなどの通知、時効が関連する通知、権利義務の主張はこの「内容証明郵便」で行うことが一般的です。

内容証明ってどうやって出すの?

000034_li.jpg「内容証明ってどうやって出すんですか?」

という電話をよくもらいます。内容証明は写真のようにポストからは投函できません。

1行につき20字、1枚につき26行で3部作成し、封筒を作成し、内容証明を受け付けている郵便局にお金と一緒に持参します。

以上のような説明をしますが・・・。

「よくわからなければ文房具屋に内容証明用の用紙が売ってますよ」

最終的には「お願いします」と依頼されることが多いですね。

行政書士に依頼するメリットは?

013324_li.jpg「内容証明郵便」は勿論、ご自身でも作成可能です。

では、費用を掛けてまで行政書士に依頼するメリットは何でしょう?

 

以下の3点が挙げられます。

@行政書士という法律家が作成するため法的根拠が記載される

A行政書士事務所名で送付される

B行政書士の職印が押印される。

内容証明の目的は精神的な圧迫(プレッシャー)です。行政書士は弁護士と提携している事が多く、例えば慰謝料請求の内容証明が相手方に無視されれば裁判、調停など法的措置に移行することが容易です。

依頼する事は費用は掛かりますが十分に意味のある事です。

 

 

内容証明の例

 クーリングオフ  オークショントラブル  契約解除通知
 セクハラ・パワハラ  騒音・ペットトラブル  スポーツ、交通事故
 ゴルフ会員権預託金返還  家賃、地代の支払い  債権回収通知
 不当解雇・労務問題  ケンカ・子供トラブル  養育費支払
 慰謝料請求  相続の通知  浮気トラブル
以上は一例です。トラブルで内容証明郵便をお考えの方、又は届いてしまった方はお気軽にご相談下さい。無料相談はこちら

当事務所の内容証明実績

009339_li.jpg開業以来、何通の内容証明郵便を出したでしょうか。

内容証明郵便を出したときの相手方の反応は大きく分けて3つ。

@通知内容に応じてくれる(示談、解決)

A相手方から回答がくる(一部承諾、支払い方法の変更など)

B全く反応無し。無視(調停、裁判へ移行)

当事務所で書類作成代理した内容証明の結果も上記に当てはまります。

事例を紹介します。

内  容 請求事項  結  果 
浮気相手に慰謝料請求 300万円  300万円で示談書 
浮気相手に慰謝料請求  150万円 100万円で示談書 
不当懲戒解雇  事実の通知  退職金の支払いで示談 
絵画購入契約解除  全額返済  全額返済 
交通事故物損修理費請求  35万円  35万円 
貸したお金の返還  100万円  分割の公正証書に 

上記以外にも沢山の事例があります。

また、クーリングオフについては開業以来100%成功しております。

ご安心下さい。

▲このページのトップに戻る